毛深いのと身長の低い2つのコンプレックス

毛深くて、処理に困っているのと、身長が低いことにコンプレックスを感じています。
わたしは身長が152cmです。
40代後半なので、もしかしたら縮んでいるかもしれませんが・・・

脚の毛が濃くて悩んでいます。
丈の短いパンツをはくと、ちょうど気になる場所がすねです。
いつもはカミソリで処理をしていますが、すぐ濃い毛が生えてきて面倒くさいんです。永久脱毛して楽になりたくて、地元高知のサロンを調べている所です。
気になる方はコチラ※脱毛高知市

それから、もっと気になっていることは背が低いこと。
小さいほうが可愛いというのは若い頃だけで、最近では小さいオバちゃんと言われるようになりました。

電車のつり革に掴まっていても、腕が伸びている状態で疲れます。
座席の前のつり革でそんな状態なのに、ドア付近のつり革では腕が伸びきり、しかも背伸びをしているので安定しないのです。

体が小さいので、人ごみで埋まってしまい流されたり、男の人が肩にかけているカバンが顔にぶつかり、目の横にアザができることも珍しくありません。

身長が低く、やせ型なので、洋服を買うにも困っています。
年相応の格好をしようにもサイズがなく、若い子の着るようなものや、ジーンズは男の子用の150というサイズで少し大きめに。
なので、街中を一人で歩いていると、後ろから声をかけられます。
ナンパっていうやつですね。

童顔なので10年ほど前までは振り向いてもそのまま誘ってきていましたが、最近は振り向いた途端に「ババアじゃん」とか「チッ」という舌打ち。

勝手に若い子と間違えたんでしょうに・・・と腹が立つと同時に、悲しさがこみ上げてきます。

家の中でも届かない箇所が多く、背伸びしてばかりでふくらはぎがパンパン。

身長を稼ごうと、底の厚みがある靴やスリッパを履くようにしていますが、足が疲れます。

冷蔵庫も大きいのが欲しいけれど、身長にあったものでないと上段が届かない。

背が低いと生活の不便ばかりでなく、仲間同士でタクシーに乗っても
「小さいのは真ん中」と決めつけられ、後部座席の真ん中の盛り上がっているところに座らせられます。

背の高い男友達が多いので、立って話していると首は疲れるし、ひどい時は頭の上に腕を乗せてるやつも。
ちょうどいい高さだそうです。

さらに、坂本龍馬像が高知にはあるんですが、海の近くにあって見上げるとものすごく高い像なんですが、それこそ首が痛くなります。

一つ夢が叶うとしたら、せめて5cm身長が欲しい。

Posted in 未分類 | Leave a comment

ママの悩み

私はアンダーの毛を脱毛したいと考えています。その理由は水着を着た時にはみ出てしまうためです。
私は脇や手足は以前にエステサロンに通って脱毛した経験があります。

以前は学生時代のプールの授業以外で水着を着ることがなかったため、あまり気にしていなかったのですが、結婚して子供ができると子供と突然プールに行く時に困ることに気付いたためです。
また将来的に家族や子供のいる友人との旅行先で温泉などの大浴場に入らないといけなくなった時に、隠さないと入れないということにも気付きました。

アンダーの毛は脱毛する時に痛みが出やすかったり、脱毛する時にエステサロンなどの店員さんに見られるのが恥ずかしかったりするため、脱毛することにはとても抵抗があります。
主人もアンダーの毛を他人に見せてまで脱毛することはないと言ってくれています。
しかしたまにでも水着を着たり温泉に入ったりする機会が増えてくると、どうしても気になります。

そこで私は家庭用脱毛器での脱毛を考えたことがあります。
家庭用脱毛器だと自分の空いている時間に脱毛できたり、他人に見られることなく脱毛することができると考えたためです。
しかも一台持っておけばアンダーの毛だけでなくいつか他の部位が気になった時に使用することができます。

そこであれこれ家庭用脱毛器を探してインターネット上や家電量販店などで探していたことがありました。
しかしこれと言って購入したくなるようや家庭用脱毛器には出合いませんでした。

そんな時に学生時代の友人と再会して話をしたことがありました。
その友人は以前家庭用脱毛器を購入したことがあったようでしたが、効果が全くなくて損したと話していたのです。
それを聞いて私も家庭用脱毛器での脱毛は断念しました。
どうせお金をかけるなら少々高額でも効果の出やすいエステサロンや病院で脱毛した方が良いと思うようになりました。

とは言え家庭がある身なので、いくつかのサロンの料金などを比べています。
いつも参考にしてるサイト⇒※脱毛高松

早く脱毛してこんな悩みとオサラバしたいです・・・。

Posted in 未分類 | Leave a comment

生命保険からお金を借りる方法

積み立て系の生命保険には、契約者貸付という制度があります。
自分が支払っている保険料の一部は貯金のような形で保険会社が貯めてくれているので、もし急にお金が必要になった時は生命保険を使おうと思います。


理由は3つです。


まず、周囲に知られないこと。
身内とはいえお金を借りることを知られたくはありません。
病気やトラブルでお金を借りるのであれば心配させますし、万が一ギャンブルが理由だったら恥ずかしくて人には言えません。
使い道はどうあれ、お金を貸してもらうだけなら保険会社の人は全くの他人ですし、事務的に処理してくれるので知られてもいいや、と思えます。
申し込んだら最短で1週間で口座に振り込まれますし、事務手続きも書類を送る切手代や、収入印紙くらいです。
電話1つで借りられるので、消費者金融の窓口に出向いたり、銀行の窓口に行ったりする面倒臭さがないのが良いと思います。


次に、返済のこと。
貸付をしてもらったお金は保険会社から年利率3%くらいで借りていることになるので(元々自分のお金なのに借りるっていうのは変な話ですが)、消費者金融に比べると良心的な利率だと思います。
万が一返済できなかったとしても、自分が将来貰う生命保険の満期金や給付金の額が減るだけです。それは自業自得なので、文句の言いようもありません。
返済よりも前に生活を立て直そうと思えば、お金を生活費に回せます。
返済できれば当初の契約どおりにお金が振り込まれます。
利息が雪だるま式にどんどん増えていって困る、といった事態にはならないと思います。
最後に、限度額があること。
貸付は自分が積み立てているお金の範囲内でしか借りられません。
借りすぎてしまい、返済で首がまわらないといった事態を避けられます。
これらの理由から、生命保険の契約者貸付を利用したいと思います。

それをしてでもどうしても足りないっていう時は消費者金融を利用すると思います。両親にお願いすることはできませんし、友人に借りるなんてとんでもなく無理だからです。

消費者金融(お金がなくて支払いができない場合の対処法※ブラックに載らない為に)で借りるのも他人には最近ではバレることもないようなので少しは安心できそうです。でも借りるときには闇金とかに引っ掛からないようにしっかりと下調べをしてからになりますね。

 

Posted in 未分類 | Leave a comment

「不要な体毛の数々」男も悩んでいるのです

私が一番に優先して永久脱毛をしたい部分は、口・顎・頬の周辺に生える「ヒゲ」です。職業柄、ヒゲを伸ばすことがタブーであるということと、個人的に似合わないということが大きな理由です。

私は肌が敏感なため、カミソリや電機シェーバー等で処理を行うと肌がカミソリ負けをしてしまい、髭は綺麗に処理ができるのですが、今度は肌が荒れてしまうのです。なので現在は手間のかかるピンセットにて一本ずつ抜いて処理をしています。

ご想像の通り、処理には時間がかかりすぎます。この手間の時間も永久脱毛をしたい理由に入ります。どうせ処理しなければならないのであれば、生えてこないでもらいたい。私にとってヒゲとはその程度の認識なのです。

処理は単純作業ですので大変ではありませんが、2~3日に一度、30分ほどかけて行わなければならないので、なかなか面倒です。また、歳をとるごとにヒゲの生えてくる範囲も広がってきているのも問題の一つです。

顔の印象から人のイメージというものは形成される部分があります、清潔で若い印象を保つためにも永久脱毛は必要なことだと考えています。

次に、腕や足の毛です。冬場になると衣服で隠れるのですが、露出の多い夏場には長袖を着ない限りは出てしまうので気にしています。足はズボンで隠れるのですが、腕はそうはいきません。仕方なしに暑さを我慢し、周囲にはあいまいにはぐらかしながらクールビズに逆らっています。

気にしすぎな部分もあるのかもしれませんが、他人に見られることに抵抗があるので今まで隠してきましたが、「ヒゲ」→「腕」→「足」の順番で永久脱毛を真剣に考えています。

ちょっと費用はかかるかもしれませんが、コレからムダ毛処理を一生すると考えたら、永久脱毛しておいた方がいいですからね。

近所にも脱毛クリニックがある事だし。

海やプールといったレジャーへも、堂々と楽しめるようになりたいものです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

胸が小さい・・・

沢山のコンプレックスがある中で、自分の身体で一番コンプレックスがある部分は胸です。

元々遺伝かなにか分かりませんが毛深いっていうのも最大のコンプレックスだったのですが、それは働き始めて、自分でお金を稼ぐことができるようになってからすぐにレーザー脱毛が安くできるところを見つけて脱毛を完了させているのでそこの部分のコンプレックスからは解放されたので一個でも減ってちょっと気持ち的に楽になりましたよ。

そして今の一番のコンプレックスは脚やウエストが太いなどのコンプレックスだったら、エクササイズやマッサージなどで細くすることがある程度は可能だと思うのですが、胸のサイズは努力してもそうそう変えられるものではありません。

胸は身体全体がよっぽど太らない限り、なかなかサイズアップしてくれません。 そのくせ、ダイエットするとお腹より早くサイズダウンしはじめ、あっという間に小さくなってしまいます。 胸だけ残すダイエットがあったら、一度太ってもいいので挑戦したいくらいです。

普段服を着ている時は、ある程度ブラジャーなどで補正が可能なのでまだ良いのですが、銭湯や温泉などに行くとどうしても他の人に胸を見られてしまうので、 そういう時はすごく情けない、恥ずかしい気分になります。

自分より胸の小さい人はあまりいないし、歳とともに小さいながらも胸が垂れて きているので、裸になると本当にかわいそうな感じになってしまうのです。 デコルテの方なんて、軽くあばらが浮いています。 ここがふっくらすれば、女性としての魅力にかなり自信が持てると思います。

一度でいいから、せめて普通サイズの胸になって自信を持って裸になってみたいです。

豊胸手術をしたいとまでは言いませんが。。。もう少しだけあればいいのにって((+_+))でももう今更成長するかっていうとしないと思うので諦めるしかないですよね・・・

Posted in 未分類 | Leave a comment

図書館でのアルバイト

結婚を機会に仕事を辞め、数か月専業で主婦をしていましたが、そのあと図書館でのアルバイトを始めました。

今後出産をするとなると、余裕をもって生活のための貯蓄をするのは今しか機会がないのではないかと思って始めました。

フルタイムで働くという選択肢もありましたが、今後出産もありえると考えると少し躊躇してしまい、家事とのバランスも考えてアルバイトを選択しました。

基本夫の給料で生活費をやりくりして、私のアルバイト代は全額貯蓄にまわすことを目標に始めました。アルバイトの仕事はハローワークで条件をみて決めました。

そのアルバイトは時給は安いですが、比較的簡単な仕事内容ですし、女性の多い職場で働きやすさが大変魅力的でした。

最初はお洒落なカフェのバイトなんかしたくて探していたんですが、なかなかいい条件のバイト先が見つからず・・・。結局この図書館のバイトをする事になったんです。

月15日出勤で1日7時間勤務で、休みの希望も出しやすかったのがよかったです。さらに夫が基本的に月曜休みなので、図書館は月曜が休みで条件もあいました。

仕事内容は図書の貸し出しの受付や、図書を本棚に戻すという単純作業だったので、本当に覚えることがほとんどなく楽でした。

時間は8時半から17時くらいまでで、遅番でも夜19時には帰宅できました。夫の帰宅がそれよりも遅かったのでそれも条件に見合いました。

そのアルバイトは契約期間が終わって延長しないかと打診していただきましたが、出産を控えていたのでそのままやめることになりました。

結果的にはアルバイトを始めたことは最適な選択だったと思っています。毎月10万円にもならないぐらいですが収入も増えて僅かながら貯金する事も出来ましたしね。

何もせずに家でのんびり専業主婦しているよりかはマシですもんね。

また、子供が成長して落ち着いたらバイトをしようかなと考えています。次こそはお洒落なカフェで働いてみたいですね(^^)/

Posted in 未分類 | Leave a comment

子どもが信頼できる看護師さん

子どもが入院した時のことです。

入院中、付き添いの親以外に一番時間を共有するのは看護師さん。 長引けば長引くほど看護師さんと接する機会は増え、だんだんその人となりが わかってきます。

そんな中、就学前の娘が出会い、未だに覚えている看護師さんがいます。 まだ20代の独身女性でした。

検温に来る時などいつも声掛けし、何をするのかを娘に教えてくれました。

ベテランで子持ちの看護師さんほど、患者が子どもであっても厳しいもの。 子どもは敏感で、そういう方が点滴や注射をしようとすると血管がまるで出ません。 更に「親御さんは外へ出て」「そこがダメなら次こっちね」と、イライラ。

娘はすっかり萎縮して、治療もままならなくなりました。

そんな時、あの若い看護師さんが来てくれました。 すると「お姉ちゃんなら点滴してもいいよ」と、突然娘が言いだしたのです。

私が出ていこうとすると、「お母さん、一緒にいていいですよ」と、 看護師さんが笑顔で呼び止めてくれました。

そして、なんと一発で入りました。

ああ、信頼関係なんだなと痛感しました。 大人なら理性で乗り切れるかもしれませんが、子どもは純粋で正直。 看護師さんの「笑顔」が、本物かどうかを瞬時に見極めるのですから。

あれから数年がたちますが、娘の将来の夢は「看護師さん」です。 もちろん「あのお姉ちゃんみたいな」と付け加えることを、いつも忘れません。

私はそんな娘の夢のために看護学生の求人を覗いてみたりしています♪

子供の夢を叶えるのは子供自身っていうのは分かっているのですが、どうしてもなにか動いてしまうんですよね(笑)

看護師不足っていうことも耳にしたりするので、少しでも患者様のために役に立つ看護師に娘にはなってもらえたらなって思っています。

 

Posted in 未分類 | Leave a comment

毎日暇です

私は専業主婦をしているんですが、専業主婦って毎日結構ヒマなんですよね。

子供も幼稚園に行くようになってからは、特にする事もなく。

家事といってもすぐに終わるようなことばかりですからね。

もうヒマすぎて働きに出たいと思っているぐらいです。結構贅沢な悩みですよね。

Posted in 未分類 | Leave a comment